トップ > 活動情報 > 研修・行事 > 2008年6月 研修会

RSS

2008年6月 研修会

   2008年6月20日~21日、愛植物設計事務所の研修会を行いました。その様子を紹介します。

 この研修会では、日本大学生物資源科学部 建築・地域共生デザイン研究室の前野真吾氏引率の下で以前弊社が関わった山形県飯豊町を訪問しました。
 1日目は、飯豊町と町民の取組みである環境共生住宅や美しい景観を誇る散居集落、町南部の築約150年のかやぶき民家を訪れ、2日目は、町東部の築約150年かやぶき農家住宅を訪問後、町内の天狗山、沼ノ口湿原にて観察会を行いました。


1日目 
バー
 飯豊町と飯豊町民の協働により建築された環境共生住宅を訪問。地元産木材の使用、雪を利用した夏期冷房システム、地元産ペレット利用の暖房システム等、地元の素材、技術、歴史、風土を尊重した環境共生のための工夫を見学。NPO法人いいでいい住まいづくり研究所の堀江勝彦氏より説明を受ける。 写真01
 飯豊町の財産とも言える散居集落を望む展望台へ。飯豊町の散居集落は、平成5年「第1回美しい日本のむら景観コンテスト」において、最高賞である農林水産大臣賞を受賞し、平成7年には第10回農村アメニティコンクール最優秀賞を受賞している。 写真02
 広河原地区の築約150年の民家を訪問。昔ながらのかやぶき屋根が周囲の環境とよくなじみ、美しい風景を生み出している。庭につくられた池にはヤマカガシがいるなど、自然が身近にある暮らしを見学。 写真03

ページトップへ
次のページへ