トップ > 活動情報 > 研修・行事 > 2007年7月 研修会

RSS

2007年7月 研修会

  2007年7月6日~7日、愛植物設計事務所の研修会を行いました。その様子を紹介します。

この研修会では、沖縄支社長 當銘立男氏の引率で沖縄を訪問し、弊社が過去に携わったプロジェクトサイトや沖縄の景勝地、伝統的な集落などを巡りました。
1日目は、沖縄県恩納村に位置するビオスの丘、沖縄県海岸国定公園内の万座毛、名護の海岸近くの御嶽(ウタキ)を巡り、2日目は、沖縄県海洋記念公園、県下最大級のフクギ屋敷林を誇る伝統的な集落備瀬(ビセ)を訪れました。特に二日目は、沖縄海洋博覧会以来弊社会長と公私共に旧知の仲である海洋博覧会記念公園管理財団理事長 花城良広氏に案内していただきました。


1日目 
バー
‘やんばるらしい自然を多面的に見せること’をコンセプトとして弊社が携わった「BIOSの丘」を訪問。工事から10年が経過した後の成熟した森とそこに棲む様々な生き物を観察。写真はクルーズ船からの眺め。 写真01
万人が座れる原っぱという意味の万座毛を訪れ、その特殊な海岸植生を観察。 写真02
宮里前の御嶽(ウタキ)のハスノハギリ林。林の広さと個体の大きさでは沖縄島最大の林であり、周辺市街化が進む中にあって貴重な緑地。沖縄の海岸沿いの極相林であるハスノハギリ林内を観察。 写真03

ページトップへ
次のページへ